エントリーはこちら

転職成功者インタビュー | リージョナルHERO

一覧に戻る

潮冷熱株式会社
田中雄太さん(仮名) 36歳/大学卒

転職回数
1回
転職期間
エントリーから内定まで30日間

自ら「変化」を起こし、「違い」を楽しむ。転職で芽生えた、新しい生きがい。

神奈川県の電子部品メーカーで働いていた田中雄太さん(仮名)。外資系企業だったため、出退勤の時間に融通が利くフレックス勤務制度を採用しており、当初は魅力的に感じたものの、結果的に長時間労働を続けてしまい生活も不規則になってしまった。自由がゆえに個人に課せられる責任も重く、プレッシャーも大きかったという。勤続10年を機に、その先の人生を見つめ直した田中さんは、かねてから頭の片隅にあった地元・愛媛へのUターンを決断した。「自由な働き方と、規則正しい働き方。都会と田舎。それぞれによいところがあり、どちらも体験できたことがよかった」と話す田中さんに、初めての転職を振り返ってもらった。(※本記事の内容は、2020年10月取材時点の情報に基づき構成しています)

転職前後の職業

職業

機械設計

機械設計

業界

外資系電子部品メーカー

船舶設備メーカー

仕事内容

自社製品の機械設計業務

自社製品の機械設計業務

この会社なら、これまでのキャリアを活かして、もっといい会社にできそうだと思った。

現在のお仕事はどんな内容ですか?

船舶の空調設備や冷凍冷蔵設備などを専門に作っているメーカーで、空調設備の中にある機械部品の設計を担当しています。製品の形はある程度決まっているのですが、お客様の要望やニーズに合わせて、カスタマイズしていく必要があります。ですから、CADを使って図面を書くだけでなく、お客様との打ち合わせや、製造部門とのすりあわせも大事な仕事です。

入社前のご経歴を教えてください。

高校まで愛媛県の今治で過ごし、卒業後は広島県の大学と大学院に進み、機械システム工学を専攻しました。卒業後は神奈川にある外資系電子部品メーカーに就職。今と同じ機械設計職として、スマートフォンや家電に搭載される部品の開発・設計を担当し、顧客との製品仕様の交渉や、試作、性能評価、製品リリース、クレーム対応など、幅広い業務に携わっていました。

転職したきっかけは?

もともと、「いつかは今治に戻りたい」という気持ちがあったんです。なかなか行動には移せませんでしたが、親も定年を迎え、だいぶ年をとってきたので真剣にUターンを考えるようになりました。その頃、当時取り組んでいたプロジェクトがひと区切りついたこともきっかけになりましたね。また、以前から入社10年をめどに次の身の振り方を考えようと思っていたので、その区切りを迎えたことも大きかったです。若いときは都会は楽しいのですが、年を重ねてくるとメリットをあまり感じなくなっていました。買い物はネットで済むし、人混みもあまり好きじゃなかったんです。また神奈川での移動は電車が中心だったので、車生活もしてみたかった。「今治に住んだらどんな感じなんだろう」という興味もあり、環境をがらりと変えてみようと思いました。

転職活動はどのように進めましたか?

ネットで「Uターン 愛媛」で調べて、いくつかの転職支援会社に電話をしてみたのですが、いちばん印象がよかったのが、リージョナルキャリア愛媛でした。コンサルタントの方がとても気さくで、気持ちの良い対応をしてくれたんです。ざっくりと、こちらの状況と希望を伝えて、「こんな希望で仕事を探しているんですが」とお願いすると、すぐに対応してもらえたので、とてもスムーズでした。希望条件については、そんなに高望みをしていませんでした。年収が減るのは覚悟していましたし、職種や業種も特に希望はなくて、前の仕事に少しでも関係があれば、というイメージだったんです。エリアも、今治・西条エリアが第一希望でしたが、なければ、愛媛県内一円まで検討すると伝えたところ、すぐに5社を紹介され、2社の面接を受けました。

今の会社に決めたポイントは?

まずは今治の会社だったことです。また、今の会社は明確な課題意識を持っていて、ハイテク化で改善していこうという意思が感じられた点も好印象でした。CADをうまく活用しきれていないのが課題で、「3D-CADを活用したいが、使える人材が少ない」という状況だったので、ここだったら自分の経験を活かして、会社の発展に貢献できそうだと思ったんです。

手掛ける製品の違いは気になりませんでしたか?

設計の仕事ができるのであれば、作る「もの」は気にしていませんでした。売れるもの、つまり、世の中やその業界で何かしらの強みを持った製品であれば、いいと思っていましたね。その点、潮冷熱は、ニッチな領域ではありますが、大型船舶の空調設備や冷凍・冷蔵設備ではかなりのシェアを持っているので、それも決め手になりました。

前のやり方にこだわらず、まずは今の環境にあわせる。それが転職成功のポイント。

転職していかがですか?

楽しいですよ。前の会社といろんなことが違っているので、その「違い」を楽しんでいます(笑)。まず製品のサイズが全然違っていて、前はスマートフォンに搭載される電子部品だったので、指先に乗るサイズ。仕上がりも顕微鏡で見て確認していました。ところが今は、自分の体と同じくらいの部品もあるんです。社会人になってからものづくりの楽しさを知り、もっと大きなものを作ってみたいと思っていたので、念願がかないました。また、働き方も180度変わりました。前の会社は外資系で、出社時間も退社時間も自由なフレックス勤務制度でしたが、今は出社時間も8時と決まっています。そんな働き方をしてみたかったんです。

生活面の変化はありましたか?

生活のリズムは大きく変わりました。以前はフレックスとはいっても、9時に起きて10時に出社。23時に帰宅して夜中の3時に寝る、という生活でした。でも今は7時前に起きて8時に出社。18時から19時の間には帰宅できるようになりました。明るいうちに帰れるのはやっぱりいいですね。休日の過ごし方も変わりました。車を買ったので、行動範囲が広がりましたね。神奈川時代、休日はほとんど家から出なかったんですが、今はなるべく出かけるようにしています。地元の街並みも変わっていますし、子どもの頃とは違う景色を探して、片道1時間のドライブを楽しんでいます。

困ったことや課題はありますか?

仕事のほうは、わからないことばかりのスタートでした。同じ「設計」でも、使うCADも違いますし、前の仕事と共通していることは多くないんです。作り方も全然違っていて、以前は大量生産でしたが、今は1つ1つ特注品のようなイメージです。でも、「違う」ということは覚悟したうえで入社しているので、そんなに苦ではありませんでした。まわりの方に教えていただきながら、少しずつ仕事を覚えてきました。意外と困ったのは、方言です。今治で暮らすのは高校生のとき以来ですから、全然戻らないんです(笑)。しゃべってみてもぎこちなく、年配の人の話は最初、聞き取れませんでした(笑)。

職場に溶け込むために気をつけたことは?

なるべくこちらから話しかけるように心がけてきました。話すのはあまり得意な方ではないので、馴染めるか心配していたんですが、周囲から「もう大丈夫。ちゃんと馴染んでるよ」と最近言ってもらえたので、嬉しかったです。また、前の会社でのやり方にこだわらず、まずはこちらのやり方にあわせてやっていこうと心がけています。転職に失敗した人の話を聞くと、前のやり方をそのままあてはめようとしたことが問題だったと聞いたので。

転職してよかったと思うことは?

やりたかったことが、いろいろ実現できました。大きなものを作ってみたかったし、車生活もやってみたかった。働き方についても、外資流の自由な働き方も良さはあったのですが、どうしても不規則な生活になりがちなんです。自由にできるがゆえに、つい長時間労働になってしまう。はじめは「いいな」と思っていたんですが、途中から「あれ?体がだるいぞ」と感じるようになっていました。しかも、取引先からの要求も厳しく、取引金額も大きかったのでプレッシャーもありました。今は規則正しい働き方ができ、自分の時間も増えたので、気分がいいです。体調も良くなりました。また、久しぶりに地元で暮らしてみて、「緑っていいなぁ」と実感しました。神奈川では駅の近くに住んでいて、まわりは家と人と車であふれていたんです。でも今は、身近ないたるところに青々とした木が生えています。きれいな緑を見るだけで癒されますね。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

都会と地方、自由な働き方と規則的な働き方、私はどちらにも良さがあると思うんです。その両方を経験できたことが、よかったです。転職したおかげで、新たな気持ちで働けるようになりましたし、変化を楽しめています。一度きりの人生ですから、変化を起こしてよかったと感じています。ただ、仕事を1から変えるのは、確かにしんどい部分もあります。でも、ある程度慣れてきたら、仕事の進め方は同じ。もちろん、ギャップもありますが、その「違い」に対して、前のやり方にこだわらないことが肝心です。まずは今の職場のやり方にあわせていき、慣れてきたら、前と今のやり方を融合させた「いいとこどり」をしていけばいいと思うんです。私も今、そういうスタンスで働いていますし、それを実現することが仕事のやりがいにもなっています。

担当コンサルタントから

株式会社リージェント
松本 俊介

就職してからは外資系メーカーの設計者として関東で経験を積まれてきた田中さん。若い頃は魅力に感じていた関東での生活から10年を節目に価値観が変わり、漠然と考えていた「いつかは愛媛に戻りたい」との思いを叶えるため、相談を頂きました。これまでの経験を活かせる環境で、今治に戻ってからは関東では叶わなかった車生活となり、好きな車でドライブを楽しんでいるという田中さんの話を聞いていると私まで嬉しくなります。益々のご活躍を願っています!

一覧に戻る

リージョナルキャリアは転職に関する情報を発信しております。

相談会情報はこちら

お知らせはこちら

求人検索
地域で探す
注目キーワードで探す
相談会情報を探す
転職ノウハウコンテンツ
リージョナルキャリア愛媛について
企業様へ