エントリーはこちら

転職成功者インタビュー | リージョナルHERO

一覧に戻る

住友重機械搬送システム株式会社
加藤祐輔さん(仮名) 32歳/大学院卒

転職回数
1回
転職期間
エントリーから内定まで60日間

人生で優先すべきことを見つめ直し、子育てにベストな環境を選択。

加藤祐輔さん(仮名)は大学院で機械工学を学んだ後、自動車メーカーで生産技術のスペシャリストとして活躍していた。最先端のものづくりは学生時代からの夢で、「転職なんて考えたこともなかった」という加藤さんに転機が訪れたのは、31歳のとき。双子を授かり生活は激変。地方出身の加藤夫妻には関東にたよれる人がおらず、自身は毎晩残業続き。妻は香川県に里帰り出産し、その後も子供たちと実家にとどまることになった。首都圏と香川県を行き来する単身生活で加藤さんは人生を見つめ直し、出した答えは「自分にとって、より大事なのは、仕事よりも家族」。この答えを胸に、四国への転職に挑んだ加藤さんの体験談を紹介する。(※本記事の内容は、2019年9月取材時点の情報に基づき構成しています)

転職前後の職業

職業

生産技術

生産技術

業界

自動車メーカー

大型搬送機械メーカー

仕事内容

生産技術職として、新車の試作業務から始まり、一時車体を離れ新構造リチウムイオンバッテリーの新溶接技術の開発業務経て、直近は海外新車の車体工程計画業務

生産技術職として、搬送機器の工程計画業務

今、子育てに参加しなかったら、一生後悔すると思った

現在のお仕事はどんな内容ですか?

住友重機械搬送システムは、工場や港湾で使用されるクレーンや搬送用設備を製造している会社です。本社は東京ですが、生産拠点は愛媛県の新居浜市にあります。私は新居浜事業所の製造部で、設計部からあがってきた図面をもとに生産工程を考える生産推進という仕事をしています。製品はほぼオーダーメイドなので、まずは部品を切り出すところからスタートして、どの部分をどのように溶接し、塗装するか…という一連の工程を考えています。私が今担当しているのは、船で運んできた鉄鉱石を港に下ろしていく機械。非常に大きくて、完成までに1年はかかります。そうして新居浜で作られた製品が全国の港や工場、製鉄所などで活躍しているのです。

入社前のご経歴を教えてください。

熊本の大学院で機械工学を学んだ後、自動車メーカーに就職し、神奈川県にある研究所で生産技術職として8年間働いていました。新車の試作業務や溶接技術の研究などを担当。転職する直前は車体を量産化するための工程検討に取り組んでいました。

転職したきっかけは?

自分の人生で子育てを優先したかった、という点が大きかったです。転職する1年ほど前に初めての子ども、しかも双子を授かりました。かわいくて仕方ありませんでしたが、双子の子育ては想像以上に大変です。しかも、私は福岡県出身で妻は香川県出身。神奈川には子育てをサポートしてくれる身内が誰もいません。ですから妻と子は、香川で里帰り出産した後も実家に残っていたんです。私はその間、1人で生活しながら月に2回、神奈川から香川まで通っていました。そのたびに飛行機を利用するので、交通費はかなりかかりました。それでも、「子どもが小さいうちは仕方ない」と思っていましたが、半年ほどそういう生活を続けているうちに、このままではいけないと思うようになったんです。実は前の職場はとても仕事が忙しく、このままでは育児にほとんど関われないという危機感もありました。子どもはかけがえのない存在ですし、「今子育てに参加しないと、一生後悔する」と思い、妻の実家がある四国への転職を考えるようになったんです。

なぜ奥様の地元を転職先に選ばれたのですか?

そのほうが妻ものびのびと子育てができると思ったからです。義母は元保育士なので子育てのプロですし、妻の親戚も香川にはたくさんいます。サポートしてもらえる人が多い環境のほうが、子どものためにもなると考えました。

転職活動はどのように進めたのですか?

「四国 転職」で検索した際に、たまたま四国の転職相談会が東京で開催されることを知りました。「どんな求人があるのかな?」くらいの軽い気持ちで参加してみたところ、エージェントが私の経歴や思いをヒアリングしてくれました。私が伝えた希望は、それまでの経験が活かせる生産技術系の仕事であることと、妻の実家がある香川県丸亀市から遠くない職場であること。その後、いろいろな会社を紹介してもらえたのですが、意外だったのは、大きな会社が多かったことです。四国には大きな会社があるイメージがなかったので、驚きましたね。最終的には志望企業を2社に絞りましたが、もう1社もかなり大きなメーカーでした。

今の会社に決めたポイントは?

まずは福利厚生がよかったことです。有給休暇の日数も、手当も、前に勤めていた自動車メーカーと遜色ありませんでした。また面接のときに工場を見学させてもらったのですが、その時の印象もよかったです。今の上司が熱心に説明してくれ、こちらの質問にも丁寧に答えてくれました。製品のスケールにも驚きましたね。港で使うクレーンや搬送システムって、ものすごく大きいんですよ。それまで作っていた自動車とは全然サイズが違いますが、「こんなに大きくて、動くものを作るのは面白そうだ」と思いました。ただ、悩んだのは職場の場所です。私は香川県で探していたんですが、新居浜事業所は愛媛県。妻の実家がある丸亀からは車で1時間かかるので、その点はかなり迷いました。でもよく考えると、関東だったら通勤片道1時間は一般的。神奈川で暮らし続けて子育てに行き詰まるよりも、思い切ってこちらに来た方がいいと考え、決断しました。

家族と暮らす幸せを実感。妻子の体調不良時も両親がかけつけてくれた

転職していかがですか?

入社してまだ5ヶ月なので、いろいろと不慣れなところもあります。作る製品が全く違いますから。今はまだ見習いの立場として、先輩について勉強しているところです。でも、前職と似ているところもあるなと感じています。製品の大きさは違っても、設計図を見ながら作り方を考えるところは同じです。既存部品の改造など、簡単な仕事から徐々に任せてもらっています。人間関係にも恵まれていると思います。私が働いている部署はとても面倒見がいい方ばかりで、スムーズに溶け込むことができました。

生活面でも変化がありましたか?

今は家族4人で新居浜に引っ越しました。会社まで自転車で30分ほどで、帰る時間もとても早くなりましたね。今はだいたい定時の16時45分に帰れています。2時間残業したとしても19時には退社できますから、前職とは大違いです。前の会社は残業がとても多く、毎日ほぼ22時まで仕事をしていました。それから電車とバスを乗り継いで1時間かけて帰宅し、帰ったら寝るだけの生活だったんです。でも今は、17時半には家に帰り着くことができます。それから子どもと遊んで、風呂に入れて、寝かしつけて、夫婦でゆっくり晩御飯を食べて、という毎日です。家族と過ごせる時間は圧倒的に増えました。

新居浜の暮らし心地はいかがですか?

とても気に入っています。街がいい意味で、こぢんまりしていて、手の届く範囲でなんでも揃っているので、不便さは全く感じません。海も山も近いので、子どもたちと遊びに行くのを楽しみにしています。

困ったことや課題はありますか?

生産技術の仕事は、現場の皆さんにお願いすることが多い仕事です。でも私は、どの部門にどんな人がいるのか、全く知らないところからのスタートでしたので、最初は苦労しました。そのあたりは今も、現場の人を知り尽くしている先輩から勉強しているところです。暮らす環境については、困ったことは特にありません。都会にいたときよりも、「どこに遊びに行こうか?」という選択肢は少ないかもしれませんが、ストレスを感じるほどではありません。方言も問題ないですね。「新居浜は言葉が荒い」と聞いていたんですが、そんなことはないですよ。

転職してよかったと思うことは?

気持ちに余裕ができたことと、家族と過ごせる時間が増えたことです。先ほども話しましたが、転職する前の1年間は、家に帰っても寝るだけの生活でしたので、寂しかったです。食事もコンビニ弁当がほとんどでしたから。今は帰っても「おかえり」といってもらえるし、妻の手料理も一緒に食べることができます。当たり前の幸せを感じているし、家族の大切さも改めて感じています。子どもが生まれる前は仕事が第一で、そんなこと考えもしなかったんですが、子どもが生まれてから、自分の中でだんだんと、仕事よりも家庭の価値が上回っていきました。しかも今は、まわりに子育てをサポートしてくれる人たちがたくさんいます。だから妻の表情にもゆとりを感じますね。実際、子どもや妻が体調を崩した時も、妻の両親がすぐにかけつけてくれて本当に助かりました

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

人生において、自分が大事にしたいことは何か。自分の価値観をよく考えてみて、優先順位が高いほうへ動いてみたら、いい方向へ向かうのではないでしょうか。まずはとにかく、動いてみることが大事だと思います。探してみれば、地方にもいい会社はあります。私の場合も、たまたま相談会に参加したことが縁で、今の会社につながりました。そんなふうに、人生は、ちょっとした行動で変わるんだと思います。

担当コンサルタントから

株式会社リージェント
松本 俊介

加藤さんと初めてお会いした日は休日で、まだ残暑も厳しい時期にも関わらずスーツを着用してお越しいただき、その誠実さと穏やかな笑顔から人柄の良さを感じた事を覚えています。前職は大手自動車メーカーで待遇は良く、仕事内容もやりがいを感じているものの、毎日遅くまで働いて通勤も1時間掛かるため、子育て環境を考えて奥様の出身である四国での転職を検討している状況でした。「自分のやりたい事よりも家族優先」と言われていた加藤さんでしたが、これまでの経験も活かしながら、キャリアも諦めない選択をしていただきたいと思い、現在の企業をご紹介しました。今では「仕事はもちろん、念願だった家族との時間が大幅に増え充実しています」と、明るい声を聞かせていただき、私も非常に嬉しく感じています。

一覧に戻る

リージョナルキャリアは転職に関する情報を発信しております。

相談会情報はこちら

お知らせはこちら

求人検索
地域で探す
注目キーワードで探す
相談会情報を探す
転職ノウハウコンテンツ
リージョナルキャリア愛媛について
企業様へ